スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 湿潤療法

百聞は一見に如かず。見るためには自分で試さなければなるまい!

すり傷の痕が残ったのがきっかけで見つけた湿潤療法
もういい大人なのでそう頻繁に擦りむくこともない。地味に試してみた。


①にきび

にきびを引っ掻いて潰してしまったところも傷だよねってことで
ハイドロコロイド素材の絆創膏を額に貼ってみる。

薬局でキズパワーパッドの隣にあった安いのを買って小さく切って貼る。
にきびと虫刺されには使えないと書いてあるが、気にしない。
むちむちしているので剥離紙が非常に剥がしにくい。

汁(浸出液)でハイドロコロイドが溶けてゴマ粒程度に多少膨らんでいる。
溶けるときに臭うらしいが、鼻から遠いし傷も小さいので何も感じない。
数日は貼りっぱなしでいいらしいが、平日なので一晩で剥がす。

さすがに治ってはいないものの、かさぶたはできていない。
湿っているだけあってじゅくじゅくしていると言えなくもない。

その後は放置して2、3日で完治。
何もしなかったところより治りが早い気がする。痕も残ってない。


②虫刺され(現場は押さえていないので何虫かは不明)

ものすごく痒かったのですかさず貼ってみる。

にきびと虫刺されには使えないと書いてあるが、気にしない。
今回は足なので丸一日貼りっぱなし。
普通の絆創膏みたいにねちねちしないし、肌色なので目立たない。

実は貼ったらもう痒くない。
蚊なら放置しても3時間で治るが、掻いて傷にならないのがいい。


■わかったこと

湿潤療法で傷が早く治り痕も残らないのは本当のようだ。

ハイドロコロイドは切っても大丈夫だが切り口に厚みがあって多少使いにくい。
湿潤療法の先生によるとハイドロ救急パッドという商品が安くていいらしい。
切って使えることがわかったので大きい方を買おう。

とにかく乾かなければいいので、テープでラップを貼っておけばいいのだが
にきびに使うとなると顔中テープだらけになりそうだ。


スポンサーサイト

下手の横好きって言うのよ

縁にレースを編むためのハンカチがあるらしい。

オリムパスのエジング用ハンカチという商品を探しているのだが
オリムパスのサイトにさえ載ってない。
どうやら昔は載っていたようだ。もう製造中止なのかもしれない。


いろいろ作っても自分で使うのはマフラーくらいである。
作るために作っているのでそれでいいのだが、何だかもったいない。

身に着けるものはセンスを問われるので敷居が高いのだ。
そこで、とりあえずリハビリがてらドイリーを編もうとおもって
編み図探し中に紫の糸でエジングしたハンカチを発見したのだった。

こんなハンカチが鞄から出てきたら婚活も成功しそうだ。
結婚式にお呼ばれしたら是非持って行きたい。

こいうのは下着と一緒で、ただ自分が気分よく過ごすためだけの投資。
なんていい響きなんだ。


ドイリーにしろ縁編みにしろ、まだ自分で編み図を作ることがてきない。
どこからか持ってきた編み図を見てなんとなく編むのが限界だ。

基本の編み方は大体できるようになったが
パプコーン編みとかちょっと慣れないものは毎回確認が必要だし
ちゃんと習ったことがないので細かい部分がかなり不確かだ。

最初はまともに編み図も読めなかったことをおもえば
数をこなせばできるようになることもたくさんあるのだろう。


これはもうレース編みの本を買うしかないな!ハンカチもね!

4周期目 空白の…

体温測定をはじめてからおよそ1ヶ月が経過した。

毎日測る。毎日同じ時間に測る。

会社員なので毎朝起きようとおもっている時間は同じである。
土日もなんだかんだ旦那さんのお世話のために早起きしがち。
二度寝で1時間も寝てしまったら体温測定どころではない。

だいたい同じ時間(1時間くらいの範囲)の方は大丈夫だろう。
ゆっくり寝られる日はいつもの時間に起きて体温を測ってから、また寝る。


面倒くさそうと不安を抱えながらもはじめてみれば
とりあえず10秒で終了、というお手軽さもあって結構順調であった。


ある日、体温を測るのを忘れた。

寝坊したとかそういうことではなく、ただすっかり忘れた。

もう基礎体温を毎日測っている真っ只中だということも
枕元の体温計の存在さえもきれいさっぱり真っ白白だった。


洗濯物を干そうと行ったり来たりしているときに
たまたまベッドの上に転がっている体温計が目に入って思い出した。

ウェルネスリンクの毎日のグラフはそこだけ点線になった。
最近グラフを印刷できる『基礎体温手帳』という機能が追加されたのだが
こっちは折れ線がばっきりと断裂している。

基礎体温は全体的な変化を見るものであって
1日測り忘れたってどうってことないのはわかっているが
1日だけぽっかりと空白があるのはがっかりな光景だ。

グラフくらいしれっとつなげといてくれればいいのに。


ところで、体温が周期的に変化しているのはわかったのだが
ホルモンの変化によって体温が変化する理由がわからない。

基礎体温で検索すれば体温と生理周期の関係は説明してあるが
どうして体温が変化するかについてはまったく触れられていない。


ていうか誰が最初に気付いたんだろう。

ドイリーを編む @かぎ針 完成

めでたく完成したが、段染めの糸はドイリーには向いていないとおもった。

糸が太いので、もともと18cmになるはずのものが22.5cmに。
わたしが編むと何でも小さくなる。おかげで模様が埋もれている。

同じ糸を2玉買ってあと1玉残っているので、同じようなのをもう1枚作る(予定)。


やっぱり下駄箱サイズの長方形のドイリーを敷きたいので
編み図を探して今度はちゃんとレース糸で編もうと決心したのだった。

残念なことに、近所(歩いて行ける)の手芸屋さんには
わたしがいつも使っているメーカーの道具が売ってない。
別にこれという理由があって使っている訳ではないのだが
調子よく使っているものだし、とにかく同じメーカーで揃えたい。

レース針も同じとこのがいいなぁ。糸は100均で買う。


本を買って編もうと思うと、編み図のページを開いたままにするのが難しい。
その点、ネットで見つけた編み図はPDFになっていることが多くて
印刷して使えるので、折りたためるし広げて見ながら編めて便利。

PDFをスマフォに入れといたらさぞかし便利に違いない。
ただこれだけの理由で今とてもスマフォが欲しい。



丸いドイリー

ドイリーを編む @かぎ針

狭い玄関に下駄箱を設置したので、その上に鍵を置いているのだが
傷が付くといけないので何か敷くものを作りたい。


本もたくさん持っているが
下駄箱の上に敷けるような大きいドイリーの編み図がない。

今回は横田株式会社のサイトで編み図をゲット。
100均で買ってきたちょっと太い糸で丸型のドイリーを編む。

本当は#30のレース糸用の編み図なのだが
レース針を持ってないのと、大きくしたかったのでかぎ針3号で。


ある程度大きい本屋さんじゃないと編みものの本が少ない。
手芸店でもいいけどお店によって偏りがあるのでちょっと不満だ。
(そのお店で扱っているメーカーの糸が掲載されている本が置いてある)

本が欲しいときもあれば編み図のデータが欲しいときもある。

糸のメーカーのサイトには編み図が載っているし
通販のサイトにも編み図があるので便利に使っている。


でもやっぱり本が欲しい。
自己紹介

awotori

awotori
経験値ゼロからの兼業主婦生活。
本人はがんばっているつもり。

こうのとりプロジェクト始動から
およそ半年で自然に妊娠。
つわりもなく順調に妊娠継続中。

☆ 第12回妊婦検診終了 ☆

¥¥ かかったお金 ¥¥

妊婦健診1 7500円
妊婦健診2 7570円
妊婦健診3 1000円
妊婦健診4 1000円
妊婦健診5 1000円
妊婦健診6 1000円
妊婦健診7 1000円
妊婦健診8 1000円
妊婦健診9 1000円
妊婦健診10 1000円
妊婦健診11 1000円
妊婦健診12 1000円
母親教室テキスト代 500円
------------------------------
合計   25570円


★8時間30分で女の子を出産しました

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。