スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回妊婦健診

20w5d

実は前回の健診で
母子手帳に体重増加注意しましょう!と書かれてしまった。赤字で。

妊娠前はBMIが19くらい(筋肉が少ないので締まってはいない)だったので
体重としてはそれほどでもないが、4週間で2kg近くという増加ペースが問題らしい。
まだ産休まで間があるし健康な妊婦を目指さないとね。


しかし!なんと今回は4週間で2kg以上増えていたのだ!

おおぉ…

確かに、とくに何も気をつけたり運動したりはしなかったけども…。
食事も運動も妊娠前と変わらないと言うのに何が起こったんだ。

母親教室に参加して食事の話も聞いたが、
栄養士の言うような食事にすると明らかに今よりも量が増えてしまうよ。
朝は何も食べないし、お昼はお弁当作って、夜はお米をほとんど食べない。

こうやって書いてみるとなかなか不健康そうな生活…

耐え難い空腹をがまんしているわけでもなく体調は良いのだが。
からだのしくみが妊婦仕様になっているとしかおもえない。


このままのペースではおそろしいことになりそうだが
ちびさんは順調だし、血圧とかも問題ないので様子を見よう。

本当にお腹だけ大きくなってなんだか変な体型。
スポンサーサイト

第5回妊婦健診

16w5d

今回は重大な任務がある。

まだ性別はわからないであろう今のうちに
ちびさんの性別は生まれるまで内緒にと先生にお願いするのだ。


名前を考えるにしても服を用意するにしても
性別が分かっていた方が何かと都合が良いのかも知れないが
ほぼ確実とは言え、必ずしも100%ではないようだし
どちらでも構わないのだが、何しろ旦那さんの希望なのである。

我々夫婦のこどもなので旦那さんに決定権があるわけではない。

ただ、うちの旦那さんは少し珍しい人で
わたし(女)だけが妊娠・出産できるなんてズルいとおもうらしい。

よく男には耐えられないという話を聞くが
旦那さんが言っているのは自分なら耐えられるという意味ではなく
同じ親なのに自分にだけできないというのが嫌なんだそうだ。


何度聞いてもよくわからない理屈である。
しかし『俺だって生んでみたい』とおもっているのはよくわかるので
性別を知らないでおくくらい旦那さんの意見を尊重しよう。


という訳で、まず先生にそろそろ性別がわかるものか訊いてみた。
『今回はまだ全然。もしかしたら次(4週間後)には分かるかも』

どうやら先生は一刻も早く性別をはっきりさせる派ではないようである。
断言できるのはまだまだ先になるというようなことも言っていたので
できれば生まれるまで内緒にとお願いして、任務終了。


詰まらないケンカもちびさんに筒抜けだとか考えていたのだが
先生によると、ちびさんの耳はまだ未熟で、そもそも羊水の中にいるので
大きくなっても外の音はそれほどはっきりは聞こえいないらしい。

よく考えたら当たり前だな。

第4回妊婦健診

12w5d

普段からほとんど病院に行かないので
この頃の通院ペースは自分的にはあり得ないものとなっている。
妊婦健診も今回で4回目。やはり病院は平日の朝に限る。

それにしても病院の受付はどこに行っても毎回緊張する。
はじめて行くお店で注文と会計の方法が分からないのと同じ気分だ。

受付が最大の山場なのだ。


相変わらずつわりらしいつわりもなく、実感はぽっこりお腹のみ。
ちびさんは5cmしかないというのにこの腹には何が詰まっているのか。

ちびさんが大きくなったおかげで経腹エコーでもよく見えるようになった。
今回は起きていて、手を上下にブンブンと動かしているようだ。
ひざを曲げて丸くなっているせいか、足がすごく短く見えるのが心配。

そろそろ先生に性別を秘密にしてくれるように頼んでおかなければ…。


今回もぴったり1000円。次は4週間後。

第3回妊婦健診

10w5d

さて、ちびさんの様子を見るために病院に行くのは今回で3回目となるわけだが
本当の(法定の?)健診は今回が第1回目である。

今までは財布にいくら入れ行けば良いのか不安だったが、もうそんな心配は不要だ。
母子手帳と別冊付録を忘れずに。補助券の綴りが2冊もついてくるのだ。かさばる。
これから14回分は市民の皆様の血税で賄って(なんていい響き)頂けるらしい。
(わたしが通っている病院では追加負担がある旨の説明を受けた)

まだ市民になって日も浅いというのに、ありがたい話である。
ちびさんは人類の宝なのだ。税金を納められる立派な大人になるのよ!


驚いたことに、早くもエコーが経膣から経腹になった。もう?
腹囲も超手早く測ってもらった。他の検査結果も母子手帳に書いてくれた。

診察台に横になってお腹をぺろんと出すだけでいいので格段に楽ちんなのだが
エコーの画質は明らかに低下していて3歩進んで2歩下がった気分だ。

しかも寝ているらしく微動だにしないちびさんであった。


前に通っていた産婦人科には、分娩予約締切のお知らせが貼ってあった。
そのときにはじめて分娩とは予約するシステムになっているのだと知ったのだが
関係ないのに予約が取れなかったらどうなるんだろうと不安になったものだ。

早く予約しないと!と緊張していたのだが、そんなに早く予約できないらしい。


採血している間に里帰りする予定を訊かれたので
里帰りしないので、できればここで出産まで診てもらいたいと言ったら
もう分娩予約していいという話なので、即行予約。肩の荷が降りました。

まだ10週なのに大丈夫なんだろうか。


そして気になるお会計は1000円!ただ、この1000円の内訳は不明である。

マタニティデビュー

手持ちの今でも履けるパンツは1本だけである。
それは史上最重時代でも履けたローライズのクロップド。ノーストレッチ。

履けるには履けるが何しろ伸びないから着心地が良くない。
あと着られるのはウエストがゴムのスカートとワンピースくらいだ。
マキシワンピースはお腹が楽な上に丈も気にしなくてよくてバッチリだ。
しかし朝晩めっきり秋の気配の今日この頃、先は長くない。

秋冬はミニスカートやらショートパンツとタイツで過ごしていたので
着られるのはワンピースくらいになるだろうが、いかんせん丈が短い。


トップスはまだまだ普通服でも選び方で何とでもなりそうだが
パンツだけはどうにもならないのでマタニティのデニムショートパンツを購入。

お腹の部分がリブでウエストにゴムが入ってないタイプが欲しかったのだが
ボタンホール付きウエストゴム仕様のしか見つからなかった。
もっとも、ゴムなしが欲しかった根拠はただの妄想でしかないですけどね。


なんだか大きく見えるし食べすぎくらいのお腹でちゃんと履けるのかと心配したが
履いてみると超快適。いつも苦しいとは思わなかったが楽ってこういうことか。

たしかにお腹(昔ウエストがあったと思われる部分)はゆるゆるであるが
胸のすぐ下から緩やかに膨らんでいるのでゴムを調節すればちゃんと履ける。
お腹が重ね着状態になってそれなりに暖かい。

あとタイツがあればしばらくは着るものに困らないで済むだろう。


ああでも下着たちもそのうち替えないとなぁ。
自己紹介

awotori

awotori
経験値ゼロからの兼業主婦生活。
本人はがんばっているつもり。

こうのとりプロジェクト始動から
およそ半年で自然に妊娠。
つわりもなく順調に妊娠継続中。

☆ 第12回妊婦検診終了 ☆

¥¥ かかったお金 ¥¥

妊婦健診1 7500円
妊婦健診2 7570円
妊婦健診3 1000円
妊婦健診4 1000円
妊婦健診5 1000円
妊婦健診6 1000円
妊婦健診7 1000円
妊婦健診8 1000円
妊婦健診9 1000円
妊婦健診10 1000円
妊婦健診11 1000円
妊婦健診12 1000円
母親教室テキスト代 500円
------------------------------
合計   25570円


★8時間30分で女の子を出産しました

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。