スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ゜∀゜)!

排卵から生理まではほぼ14日で個人差はほとんどない。
排卵の前後に高温期に入るので、高温期は10日以上続くのが望ましい。

基礎体温を測ってみたところ
どうやらわたしは低温期と高温期の境目がはっきりしていなくて
高温期が約10日と短めであるということがわかった。


そんな高温期がとうとう14日続いたので、いよいよ妊娠検査薬出動!

生理予定日の1週間後から使えるらしい。
まだ5日しか過ぎてないけど、まあ大丈夫でしょう。

いつでもいいけどできれば朝イチがいいらしい…どっち!
暇だったので大人しく朝イチに検査することにした。


しかし

待てど暮らせどまったく反応なし。検査終了の窓にも何にも出てこない。
たかが尿検査に失敗するとは何たる不覚。

基礎体温から結果はわかっているようなものだが
人生にそう何回もないであろうこの機会、ぜひともこの目で見てみたい。
でもなぁ、そのためにまた新しいの買いに行くの面倒くさいなぁ…

きっと量が足りなかったに違いない。
トイレに検査薬を置きっぱなしにして再トライに備える。

数時間後、今度こそと意気込んで集中力MAXで再トライ。


結果は予想通りでも結果を確認するのは一味ちがう。
スポンサーサイト

5周期目 帰ってきた高温期

低温期前半の体温が高めであったが、後半は順調に体温が下がった。
その後は前の周期のへなへなしたグラフが嘘のようにばっちりと高温をキープ。

オムロン氏による予想ではもう生理が来てもいい頃である。

しかし、この周期はどうやらこのところの平均値に近いようで
前回の周期が突然短くなった(5日くらい)影響を受けている模様である。


オムロン氏が言う排卵日(予想)の翌日に最低温度を記録し
その2日後に急に体温が上がっている。

まぁどのタイミングで排卵しているかがわからない以上、なんとも言い難いが
予想よりも排卵が遅かったんじゃないかとおもっている。

ということは当然生理も遅れるわけで
ここで早まって残り1本の妊娠検査薬に手を出すわけにはいかないのだ。


検査薬で早い時期に妊娠がわかったところで
病院に行ってもまだ早すぎてよくわからないって言われるんだろうし
そんなに早く白黒はっきりさせる意味があるかどうかは別にして
とりあえず確認したいので、もっと安くならないんだろうか。

別に紙箱に入れてくれなくたっていいし
あの持つところのプラスチックもあんなに大きくなくてもいいし。


少子化対策の一環として無料配布!
不妊治療も含めて妊娠出産に係る費用も税金で賄ってほしいものだ。

5周期目 夏

本格的に生理が始まったと言うのに体温が高温期付近を非常にゆっくりと下降。
前回は高温期の最高ポイントから一気に最低記録まで急降下したのが嘘のようだ。
ちょっとお腹が痛くなったりすると何かと不安である。

もう生理は終わったのに未だに境目付近をちょろちょろしている。
まさかただ暑いからとかそういうこと?

調べたら低温期に体温が高くなっても心配ないらしい。
ということは高温期に高温を維持できていないときは心配だってことだな。
高温期が短くても途中で下がっても黄体機能不全が疑わしい。

ついでにグラフがなだらかだと疑われる病気(?)っていうのも見つけてしまった。
なんだそれ今まさに超なだらかな締まりのないグラフを描いてるとこなんですけど!


基礎体温について調べると
とにかく基礎体温だけでは何とも言い難いので婦人科で受診を、となる。

素人が寝起きになんとなく測っている体温をいくら記録したところで
もともと温度差なんて誤差の範囲じゃないのかとおもうくらいの幅だし
結局個人差ありまくりなので診ないことには…とならざるを得ないのはわかる。

しかしー。
生殖器に何かあったら自分のこどもを産めなくなるのだとおもっても
基礎体温が微妙とかちょっとした出血とかで病院に行くのは非現実的だ。

何しろ多少熱があっても会社に行くのが普通とおもう国民が多い国なのだ。


それにしても病院て何であんなに混んでいるんだ?
みんなそんなに不健康なのか?


…ああ、だから健康保険が高いのか。

5周期目 

ガッタガタの低温期からなんとくなく高温期に入り
だらだらと続いていた出血は順調に増え、どうやら生理のようだ。
しかしながら、なかなか体温が下がらない。

突然周期が短くなっただけだった。
今までの周期から計算した排卵日は高温期にあるが
生理開始日から逆算して修正された排卵日の表示は
だいたい低温期と高温期の間くらいになっている。

正確な排卵日を前もって知ることはできないが
基礎体温の変化は結構正確らしい。


そういえば久しぶりに生理痛のために鎮痛剤を飲んだ。

昔は生理痛のためだけに鎮痛剤が手放せなかったものだが
ここ数年は薬を飲むほど痛くなかったので、手許に薬がない。

晩ごはんを食べるまでは我慢していたが、安眠のためには薬が必要だ。


親不知を抜いたときに毎日飲むロキソニン(たぶん)とは別に
痛かったら飲む用にもらった薬が丸ごと残っている。
あの時はロキソニンだけ飲んでおけば大丈夫だったのだ。

いつもの薬は頭痛と生理痛と歯痛に効くって取説に書いてあった。
歯痛用にもらった薬も生理痛に効くに違いない!

袋ごととっておいてよかった。
ちゃんと用法用量が書いてあるよ。


薬を飲むと毎回おもうことなのだが、本当に薬が効いたんだろうか。
もしかして自己治癒力のおかげで、飲まなくても治ったんじゃないか。
もうちょっと我慢しとけば峠を越えるとこだったとか。

まぁ痛くなく寝られたからどっちでもいいんだけどね。

4周期目 高温期なのか

低温期はガッタガタのグラフを描いていた体温であるが
排卵日(予想)の前から上昇してなんとなく高温期に突入した模様だ。

やはり低温期と高温期の境目はぼんやりしている。

予想の排卵日、へなへなと右肩上がりのグラフがぺっこり凹んでいる。
陥落日と言うにはお粗末な下がり具合だが、この日に排卵したんだろうか。
わたしは排卵期に体調が変化しないので何も感じない。

排卵期の体調不良とか生理前のイライラを感じたことはないが
(今になっておもうと)高温期は肌が荒れて仕方なかった。

我慢できなくはないが非常に不快な生理痛とともに
その肌荒れもピルの服用でかなり改善されていたのだが
ピルをやめた今も生理痛と肌荒れはほとんど悪化して(もとに戻って)いない。

その間に結婚したし職場も変わったので因果関係は不明だが
ピルを飲んでいる期間にしか効果がないとしてもそれで十分だとおもう。

保険が使えればもっと強くお勧めできるのに。


見本のグラフとは違ってなんだかだらしない形ではあるが
低温期と高温期にはわかれているので排卵はしているらしい。

しかし、予想の排卵日から1週間弱、微妙に出血が。

おりものが薄いピンク色だったり赤い血が混じったりしている。
雰囲気としては生理前(前回だと体温が下がる前の数日)みたいだ。
おりものだけで体調にはまったく変化がない(体温も)。


体温からして排卵とは関係ないだろうし
生理だとしたら早すぎるから黄体機能不全が心配だし
着床出血としても時期がちょっと違うような…。

自分の体なのにわからないことは多い。
自己紹介

awotori
経験値ゼロからの兼業主婦生活。
本人はがんばっているつもり。

こうのとりプロジェクト始動から
およそ半年で自然に妊娠。
つわりもなく順調に妊娠継続中。

☆ 第12回妊婦検診終了 ☆

¥¥ かかったお金 ¥¥

妊婦健診1 7500円
妊婦健診2 7570円
妊婦健診3 1000円
妊婦健診4 1000円
妊婦健診5 1000円
妊婦健診6 1000円
妊婦健診7 1000円
妊婦健診8 1000円
妊婦健診9 1000円
妊婦健診10 1000円
妊婦健診11 1000円
妊婦健診12 1000円
母親教室テキスト代 500円
------------------------------
合計   25570円


★8時間30分で女の子を出産しました

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。